2017年2月14日火曜日

ふんどしの「普及」を阻むものは何か

本日2月14日は、世間的には「バレンタインデー」ですが、最近では「ふんどしの日」としても認知されつつあります。この「ふんどしの日」を制定したのが日本ふんどし協会で、主な活動目的として「ふんどしの普及」「2020年までに日本人全員が1人1枚はふんどしを持っている、そんな時代の到来」を挙げています(その他の活動目的は日本ふんどし協会を参照してください)。

さて、日本ふんどし協会が掲げる「ふんどしの普及」「2020年までに日本人全員が1人1枚はふんどしを持っている、そんな時代の到来」の実現に関してですが、

「何を持って普及と考えるの?」

「一人一枚?調べるのか?」

という疑問がわいてくると思います。

また、女性がふんどしを締める「ふんどし女子」に関しても「静かなブーム」「急増」などと、普及したというアナウンスが到底納得できるものではありませんし、私個人としては「普及は難しいなー」と感じています。

(一方で2017年2月14日現在、「ふんどしの普及に貢献頂いたプロフェッショナル」を表彰する「ベストフンドシストアワード」の今年の開催のアナウンスがない時点で何らかの目標が達成された可能性もありますが)

もちろん「ホモが愛好する下着」「軍国主義を想起させる」「尻が露出する」「古臭い」「面倒」など、普及を阻む要素は数々ありますが、真に普及を阻むものは「流行ればそんなもの関係ないよ!」とか「赤信号をみんなでわたれば怖くないんだよ!」とかいう考えそのものではないかしらと思います。


さて、ここからは「ふんどしのDFP偏差値」の話題です。

ふんどしは、わざわざ「普及」が必要であるため、そこそこDFP偏差値が高そうな衣服と判断されます。そこで、あたいのポリシーで挙げた6つの数値がどれくらいかを、特に「変態・羞恥度」を中心に決めていきます。

ふんどしは「変態・羞恥度」が高いか?

「変態・羞恥度」の根拠になりそうなの要素としては「ホモが愛好する下着」「尻が露出する」「古臭い」が挙げられると思います。また、「一般流通している下着ではない」というイメージも、日本では「変態・羞恥度」の根拠になるかもしれません。

話がそれますが、「ホモ(男同士の同性愛)」が嫌がられる理由としては、「単に気持ち悪い」「キリスト教などで非とされている」「性病であるAIDSがホモを媒介として広まった」「ホモセクシャルを描いた作品の愛好者が気持ち悪い」などが挙げられます。

そのため、今後「変態・羞恥度」の根拠衣になりそうなようそとして「ホモ」が含まれる場合は、私の独断で「変態・羞恥度」をより高めに設定することにします。

判定:「変態・羞恥度」は高い

ふんどしは「排他・専門度」が高いか?

「ホモが愛好する下着」「軍国主義を想起させる」であるため、そういう属性を持たない人が人が手を出しにくいかもしれません。ただ下着ですので属性関係なくこっそり締めているのではないでしょうか?

判定:「排他・専門度」は比較的低い

ふんどしは「手に入れにくさ」が高いか?

「変態・羞恥度」でも述べたように「一般流通している下着ではない」というイメージがあります。ただし古典的なものはともかく「SHARE-FUN」など一般流通にのせる商品が出てきたおかげで、トータルな「手に入れにくさ」は下がったと思います。

もし今の日本に着衣を自作する文化がもっと根付いていたら「手に入れにくさ」を「非常に低い」にしていると思います。何より簡単に作れますし。

判定:「手に入れにくさ」は比較的低い

ふんどしは「扱いにくさ」が高いか?

言うまでもないですが、特に六尺ふんどしは「締める」といわれる着用するプロセスが複雑です。また、トイレでの用足しにもコツがいります。これが「扱いにくさ」に影響しているのは間違いないでしょう。

判定:「扱いにくさ」は比較的高い

ふんどしは「機能度」が高いか?

「まわし」「締め込み」など、外衣として使われるものを除けば基本的に「下着」ですので、「機能度」に相当するようなものは思い当たりません。

判定:「機能度」は低い

ふんどしは「その他非日常性」が高いか?

「まわし」「締め込み」など、祭りや競技に使われるものを除けば基本的に日用の「下着」ですので、「その他非日常性」に相当するようなものは思い当たりません。

判定:「その他非日常性」は比較的低い

こんな感じですね。

ここで、「○○度」を「非常に低い」「低い」「比較的低い」「比較的高い」「高い」「非常に高い」の順番で0-5の値をつけるとすると

名前:ふんどし(特に六尺ふんどし)

「変態・羞恥度」
「排他・専門度」
「手に入れにくさ」
「扱いにくさ」
「機能度」
「その他非日常性」

合計:14

となります。


なお、DFP偏差値の値のつけ方は、現段階で「つけるとすると」で仮なので、つけ方が整理されてきたらまた新しいものを公開します。ふんどしを巡る状況によっては「非常に高い」「非常に低い」をつけるかもしれません。

2017年2月6日月曜日

【時限公開】ふんどしを締めることができるのはなぜか

【お断り】この記事は、疑問の主の疑問が解決した時点で消す可能性があります。


行きつけのブログで「男性器が前みつ(性器を覆う部分)の中に収まるというのが理解出来ない」という意見が聞かれましたので緊急に記事を公開します。

行きつけのブログの主、PIEさんはこんなことを言われていました。

男性の場合、どんなふうになってるの?構造上、締めることなんて、できないでしょ?性器が(収まるとは思えない)

ええとですねー

まず、人間の下腹部はこうなっています。

ここに、ふんどしがこう、装着されるわけです。

PIEさんは、ふんどしがこういうものだと思っているようですね。

これではオチンチンが前みつ(性器を覆う部分)に収まらないわけです。しかし、実際のふんどしは、2番目の絵の通り、こうです。

ふんどしは、一定幅の布の帯を腰周りに巻きつけて装着しますので、特に前みつ(性器を覆う部分)は緑色で示したように折られます。

横から見た図:この緑色で示したテトラパック状の部分に性器が収まります。

「本当にこんなにうまい具合にオチンチンが収まるのかしら?」と疑問に思うでしょ?実は布は比較的伸縮するので

意外と何とかなります。


最後にふんどしに関する用語を少し紹介します。

まえみつ
ふんどしの性器を覆う部分:「前みつ」「前褌」とも書く。
よこみつ
ふんどしの「ベルト」に相当する部分:「横みつ」「横褌」とも書く。
たてみつ
特に六尺ふんどしの、しりの間を通る部分:「縦みつ」「縦褌」とも書く。
六尺ふんどし
一本の布の帯を越しまわりに巻きつけて装着するタイプのふんどし。詳しくは「六尺ふんどし」で検索してください。

2017年2月2日木曜日

縛りの極意

緊縛の話題を探してこの記事にアクセスした貴方、アウトー!


現在、進行中のはずの「DFP偏差値」が頓挫しております。まあ、もともとこのブログは「メモ」という扱いなので、進行中の企画はとろとろと進行させていただく所存です。

さて、改めてですがこのブログはこういうブログになっております。

基本的には服飾に関するメモですが、性的な内容、責任ある大人の判断が求められる内容を投稿することがあります。(後略)

これだけ書いてあっても「いったい何のブログや」と思われるかもしれませんが、とにかく「メモ」なので記事の内容に共感された方などは何か反応いただけたら幸いです。

こんなブログですが、一応こんな「縛り(ルールですね)」を設けております。

同じブログ(ホームページ)内では同じネタを複数掲載しない

私は「ホームページ」の時代を経験していることもあり、同じブログ(ホームページ)内では同じ記事を複数掲載しないようにしています。訪問者にしてみれば「どちらが本物なんや」ということになりますからね。

ただし、どんなに「いい記事」を書いても過去の記事になればアクセスが落ちるのがネックであります。

買った服は必ず袖を通す前に撮影する

服はね、そでを通すと痛むんですよ。

いかにもデリケートそうでしょう?特にチャイナドレスは細かい刺繍が施してあって、触るだけで痛みます。なので、私は「傷む」前にひとしきり撮影をしてから袖を通しています。

同じネタは曜日を合わせる

「メモ」という扱いなので、「そこまでこだわらなくていいじゃん」と思われるかもしれませんが、訪問者にしてみれば同じネタは同じ曜日に投稿した方が読みやすいかしらと思いこんな風にしています。

衣服の製作に関する記事:月曜日
土曜日、日曜日を製作に当てるという前提のため
イベントなどを事前に紹介する記事:木曜日
金曜日でもかまわないんですが、記事をじっくり読んでいただくためあえて木曜日にする
その他の記事:火曜日か水曜日
上の二つからずらすため:一日に複数の記事が公開されると、読みきれないでしょ?

画像は可能な限り自作する

画像などの素材に関しては著作権の問題もあるわけですが、以前絵を描いてた頃から「自分のブログ(ホームページ)には自分で使ったものを使いたい」と強く思っていました。もちろん当時は「修道服」という他人が取り上げないネタを選んでいたこともあり、自分で全部資料などを作らなければならなかったからというのもありますけどね。

これらの修道服は、実在しました。ぴんとこないでしょ?。


行きつけのブログのひとつがそこそこ信念を持って更新しているので、「私のところはどうかな?」と思いこんな記事を書いてみました。ブログをお持ちの皆様、信念を持って更新していますか?