2017年3月14日火曜日

ふんどし返し

大相撲の時期が来るたびに「この15日間だけどこかのタイミングでふんどしを締めて過ごそうかしら」なんて思います。

では「これだけふんどしを熱く語っているのにお前はふんどしを締めたことがないだろう?」って?ここで「はいそうです」と答えるのが世間様相手には適当かもしれませんが、もしそう答えるなら嘘をついているといっても過言ではないでしょう。

ふんどしの「普及」を阻むものは何かでも述べたとおり、ふんどしには「肯定的でない」パブリックイメージがいくつも付きまといます。

日本ふんどし協会はその「肯定的でない」パブリックイメージをなくすよう日々活動しているようですが、その手段としては、ふんどしを着けることを「はく」というのを容認するとか、パンツ状の商品を推進するとか、ふんどしの「本質」を否定するかのようなものが多く見られます。実際に日本ふんどし協会はガチのふんどしマニアからの評判は悪いようですし

最近こういうライトユーザー向けのはむしろいいんでないかなと思うようになって来ましたけどね。

昨今の、いわゆる「ふんどしブーム」に違和感を覚えた方、ぜひユザワヤなどでさらしを買い、六尺ふんどしの締め方をぐぐって、自作の六尺ふんどしを締めてみてください。ふんどしに対するイメージが変わってくるかもしれません。(変わらないかな?)

0 件のコメント:

コメントを投稿