2017年3月20日月曜日

この胸のときめきを

【お知らせ】

フェチ系の話題はこちらで扱います。

買ってしまいました。女性下着、ブラジャー!

旧ブログ(閉鎖)ではこんなものを

公開して「女性下着」とお茶を濁しましたが、今度はガチの下着です。

実際すでに女性下着的なものを

持ってはいますが、今度はガチの女性下着です!

これで私みたいなおっさんでもとりあえずおっぱいを持つことができますよ。でも中身が空なのでもむと現実に引き戻されます(´・ω・`)

2017年3月14日火曜日

ふんどし返し

大相撲の時期が来るたびに「この15日間だけどこかのタイミングでふんどしを締めて過ごそうかしら」なんて思います。

では「これだけふんどしを熱く語っているのにお前はふんどしを締めたことがないだろう?」って?ここで「はいそうです」と答えるのが世間様相手には適当かもしれませんが、もしそう答えるなら嘘をついているといっても過言ではないでしょう。

ふんどしの「普及」を阻むものは何かでも述べたとおり、ふんどしには「肯定的でない」パブリックイメージがいくつも付きまといます。

日本ふんどし協会はその「肯定的でない」パブリックイメージをなくすよう日々活動しているようですが、その手段としては、ふんどしを着けることを「はく」というのを容認するとか、パンツ状の商品を推進するとか、ふんどしの「本質」を否定するかのようなものが多く見られます。実際に日本ふんどし協会はガチのふんどしマニアからの評判は悪いようですし

最近こういうライトユーザー向けのはむしろいいんでないかなと思うようになって来ましたけどね。

昨今の、いわゆる「ふんどしブーム」に違和感を覚えた方、ぜひユザワヤなどでさらしを買い、六尺ふんどしの締め方をぐぐって、自作の六尺ふんどしを締めてみてください。ふんどしに対するイメージが変わってくるかもしれません。(変わらないかな?)

2017年3月6日月曜日

風の味

【お知らせ】

フェチ系の自作はこちらで扱います。

「マスクって、顔を覆うので女装する機能のあるものができるはずだ」

女性向けマスクを物色しながらふとこんなことを思いつきました。もちろんマスクに「女装する機能」をつけるなら、実際に女性の顔をかたどった仮面をかぶったほうが確実に女装になるわけですが、マスクをつけるだけで女性に見えるならちょっと面白いかしらと思います。

そこで、何を血迷ったかこんなことを考えたんですよ。

「マスクの面がレースだったら女装っぽく見えるかも」

発想としてはアラビアンナイトなどで登場する、顔の下半分を覆うレースのヴェールですよ。まず(性差別的かもしれませんが)男性はつけないでしょう?

ここでいろいろと説明や釈明を始めると長くなるんで、もう試作することを考えています。以下の図をご覧あれ。

超立体マスク、Be-styleなど「超立体」系のマスクを購入
図のようにくりぬく
もしくは厚紙かプラ版で図のような枠を作る
くりぬいた面をレースなどで覆う

そして素材も買い始めています。

ちなみに、マスクとしての機能は一切ありません。あくまでも飾りです

「マスクの面がレースだったら女装っぽく見えるかも」ということで、名づけて「女装風味マスク」!実際に女装しているように見えるかは現段階では保障しません(^皿^)